ジオターゲティング広告(位置情報広告)でチラシを使わず宣伝! 町屋光明寺 様 2020.04.27
ムレコミュニケーションズ|香川県の印刷・クリエティブ・プロモーションのことなら

特定の地域の人たちに自社の商品・サービスを宣伝する手段として「チラシ(DM)」が主流ですが、チラシはコストがかかる上に「すぐ捨てられてしまう」というデメリットがあります。

せっかく時間やお金、労力をかけてチラシを作成しても、読んでほしい人たちにチラシを読んでもらえなければ広告の意味はありません。

そこで最近「ジオターゲティング広告(位置情報広告)」が登場しました。ジオターゲティング広告(位置情報広告)とは、スマホの位置情報を使って、特定の地域に住んでいる人や指定の施設に足を運んだことがある人にダイレクトに広告を配信できる広告になります。

チラシの場合、読まれずに捨てられても1枚1枚にコストがかかりますが、ジオターゲティング広告(位置情報広告)は広告をクリックされない限り課金されないので、無駄なコストを最小限に抑えられます。

また、チラシでは行き届かない顧客にまでダイレクトに正確に広告を配信できるので、費用対効果もかなり高いです。

プロジェクトの概要

PROJECT SUMMARY

  • 課題

    町屋光明寺では元々折り込みチラシとリスティング広告をやっていましたが、顧客のターゲット層をさらに広げるために、指定の場所(老人ホーム 霊園、病院、福祉施設など)に足を運んだ顧客に対してもジオターゲティング広告(位置情報広告)を配信することにしました。

  • 施策

    町屋光明寺から半径1km以内の場所に訪れた人+499の施設(老人ホーム 霊園、病院、福祉施設など)に足を運んだ人に対して、1クリック200円の単価で500クリックまで広告を配信しました。

    ※クリック単価なのでクリックされるまで費用は発生しません。

    広告配信が終わったら、広告が見られた場所や広告がクリックされた場所が色分けで表示されるマップレポートも見れます。

    思いもよらなかった場所で反応が生まれていることにも気づけるので、次回からの広告戦略にも役立ちます。

    もしジオターゲティング広告(位置情報広告)の配信をしてみたい企業様がいらっしゃれば、是非「お問い合わせ」から当社にご連絡ください。

    お問い合わせ